FC2ブログ

201系K4+54編成廃車回送

ついにこの時が来てしまいました。

最後まで活躍してきた京葉線201系K4+54編成が、
6月23日、長野へと帰らぬ旅路につきました。


毎回京葉線~中央(本)線と追いかけた私ですが、
23日は朝と午後に外せない用事が出来てしまったため、
時間の都合上、中央線区間でのみの撮影となりました。


まずは新宿入線シーンから。
廃回到着15分前に来ましたが、既に人だかりが…。
駅員も大勢集まり、厳戒態勢が敷かれていました。

2011-06-23 007 - コピー

とにかく人の多さが印象的でした。
時刻が公にされるイベント列車ならまだしも、
通常は時刻が表に出ない業務用列車に対し、
ここまで人が集まるとは、驚きの一言です。


先行の快速電車で中野に移動し、
ここでも入線シーンを撮影しました。

2011-06-23 043 - コピー

今回の廃回の特徴的な部分は次の2つです。
・方向幕部分にオリジナルの回送表示
・編成札のレプリカ(紙製)掲出

回送と印刷された紙は割とおなじみですが、
今回はちょっとした小ネタとして右下に小さく、
「201系 おつかれさまでした」とあります。
編成札は段ボールか何かで作られたようで、
右下に「京葉車両センター」と印刷されています。
以上の2つは両先頭車に取り付けられていました。


続いて向かったのは、昔よく訪れた東小金井。
地元の市でどうしても撮影しておきたかったので、
混雑覚悟で来ました、人出は予想より少なく、
希望の構図で無事撮影することが出来ました。

2011-06-23 063 - コピー

時間的に、次の撮影が最後となる訳ですが、
どこで撮影するか非常に悩みました。
特急を使えば山線でも出来ますが…。

下した決断は、高尾での撮影でした。
中央線快速電車区間の西端であるこの駅、
201系撮影の最後にふさわしいと判断しました。

嬉しいことに、通過前に陽が差してきました。
最高のコンディションで迎えられました。

2011-06-23 073 - コピー

定番アングルでは側面が潰れてしまうので、
京王線との連絡通路から撮影しました。


そして、自分にとって最後の京葉線201系の写真…。

2011-06-23 076 - コピー

最後の力走、山へ挑む…。


カメラをおろし、201系が見えなくなるまで見送りました。


さよなら。
スポンサーサイト



京葉線201系営業運転終了

本日6月20日を以って京葉線201系の営業運転が終了しました。
最終運用は81、東京発新習志野行きが最終営業列車となりました。


2011-06-20 011 - コピー

81運用は、新習志野→蘇我→東京→新習志野の朝のみの運用です。

最後の蘇我入線シーン。編成をくねらせてやってきます。
もうちょっと立ち位置は後ろの方でも良かったかもしれません。
7時前ということもあって撮影者はこちらのホームで10人未満、
最終日の割にはかなりまったりムードで撮影出来ました。

ホームの電光掲示板にはこんな嬉しい表示もありました。

2011-06-20 043 - コピー

ありがとう201系

ちなみに英語表示の場合は「THANK YOU!SERIES 201」となっていました。


各駅停車で先行し海浜幕張に移動し、ここで入線シーンを撮影しました。
写真は割愛しますが、乗務員室助手席側に花束が置いてありました。
蘇我停車中の関係者から贈呈があったのでしょうか。

撮影後は海浜幕張からモハ201-228に乗車しました。

201系試作車が華々しくデビューを飾った1979年8月20日、
そのスタートの列車は三鷹始発の快速東京行きでした。
201系を語る上で忘れることの出来ない快速東京行きも、
路線は違えどこの列車で完全に終了となってしまいます。

通勤客を大勢乗せ、通勤型電車としての使命を最後まで果たします。
高らかなモーター音、流れゆく景色、これも今日まで…。

乗車券の都合で新木場で下車、ここで折り返しを待ちます。

2011-06-20 104 - コピー

これが本当に最後の営業列車、各停新習志野行きです。

モハ201-230に乗車し、じっくりと走行音を楽しみます。
途中葛西臨海公園と新浦安で快速の通過待ちを行いました。
また、新浦安では停車中に以下のようなアナウンスがありました。

「4番線に停車中の青い電車は本日で運転を終了します。
長らくのご利用ありがとうございました。」
(うろ覚えのため不正確ですが…)

駅員氏の粋な計らいに感謝です。


ガラガラの車内、南船橋を出る頃には、
すっかり乗客は鉄道ファンばかりになりました。

特別なアナウンスも無く、無事新習志野に到着しました。
ホームには駅で撮影していた人、乗車を終えた人が集まり、
今日1番のにぎわいをみせていましたが混乱は全くなく、
京葉線の201系はその活躍に静かに幕を下ろしました。

2011-06-20 141 - コピー

ありがとう、京葉線201系。

HM×大網

今月11~12日に撮影したものをご紹介いたします。


この日は大網のファミレスで一晩明かすことにしたので、
ファミレスに行く前と後で大網留置を撮影しておきました。

2011-06-11 122 - コピー

大網どまりの終電が到着してから10分ぐらいしてからでしょうか。
さっきまでロータリーを埋め尽くしていた車はすっかり消え、
ロータリーはとても静かになっていました。

201系は翌朝の成東行きまでしばし休憩です。

私もファミレスで3時間ほどの休息を取りました。
だいぶ疲れていたので、座ったまま寝てしまいました。
気づくと外はだいぶ明るくなり、4時30分を回っていました。

少しは疲れも取れたので、撮影再開です。

2011-06-11 142 - コピー

5時過ぎになればすっかり手持ち撮影も余裕になりました。
バルブでは出来なかったアングルを補完していきます。
このように201系を見上げられるのも大網ならではです。

外房線ホームから撮影しようと移動すると、
ちょうど201系がパンタを上げるところでした。
そのシーンは撮影出来なかったのですが、
幕回しはなんとか撮影することが出来ました。

2011-06-11 159 - コピー

この後東金線ホームに行き、
写真左に停車中の209系に乗りこみ先行しました。
晴れそうだったので順光のポイントに行きましたが、
直前に曇られてしまうという残念な結果になりました。

最後の通快

6月14~15日、K4+54編成が83~85運用に充当されました。


14日は夕方の早い時間に上がることが出来たので、
久々に成勝の撮影&乗車をしてみました。


乗車する関係で新木場で撮影することにしました。
1時間前に到着しましたが既に大勢の撮影者が待機しており、
私も人と人の間のスペースを探して立ち位置を決めました。

時間が経つ度に人が1人2人と増えてきました。
最終的には20人以上集まったかと思います。

2011-06-14 041 - コピー


生憎の曇天で露出が本当にギリギリでした。
正面がちに撮るのでシャッター速度を落とせるので、
特に大きな失敗はせずに済みました。


カメラをかばんにしまって乗車します。
タイトルにもあります通り、201系の下り電車での
通勤快速充当はこの日が最後となってしまいました。
新木場→蘇我をノンストップで走るのもこれがラストです。

撮影者いっぱいの葛西臨海公園・舞浜を爆走していきます。
その走りっぷりには感激を通り越して言葉も出ません。
体験できるのは今日が最後ということを考えると…。


蘇我まで約25分、やはり速いです。
ここから先は201系でも乗りなれた区間ですが、
自分にとってはこの日で最後となりそうです。

誉田分割も簡単に撮影しておきます。
分割シーンは相変わらず大人気です。

2011-06-14 053 - コピー


撮影後は車内に戻り、空いた席に座ります。
モーター音を聴きながら読書にふけていると、
あっという間に上総一ノ宮に到着しました。


ここからは列車番号が変わり普通電車になります。
幕も種別表示のない勝浦表示になります。

すっかり乗客も少なくなった車内、
チョッパ音が車内に響き渡ります。
そして定刻、終点勝浦に到着です。

2011-06-14 064 - コピー

誉田あたりまでは人だかりが出来ていましたが、
ここまで来ると数えられる程度までになりました。
ただもちろん、私が以前来た時より人出は多いです。

2011-06-14 094 - コピー

勝浦の駅名標と絡めて…。
人も少ないので落ち着いて撮影出来ます。
同じく遠方から来たという方とお話したりと、
本当にまったりという言葉がふさわしい環境でした。

翌日は早い時間から仕事があったため、
入換を撮影するのは断念して帰宅しました。

ヘッドライトがいつ点くかは乗務員次第ですが、
この日は乗車する電車が発車する前に点いたので、
発車ぎりぎりまで粘って撮影しました。

2011-06-14 120 - コピー

終始落ち着いて撮影が出来ましたが、
やはり一部のマナーの悪化が目立ちました。

誉田では周りの撮影者を考えない自己中心的な輩、
上総一ノ宮や勝浦ではフラッシュをたく者がいました。
私はいずれの場面も本人に直接注意しました。

暗い時間で撮影しづらいのは分かるのですが、
運転士に向かってフラッシュはもはや論外です。
その場にいる他の撮影者にもとても迷惑です。
マナーを守って気持ち良く撮影したいものです。


勝浦。今まで何度も訪れましたが、今回が1番充実していました。
私が201系の撮影のために勝浦へ来ることはもうないでしょう…。

勝浦は非常に素晴らしいところです。
夜になると星空がとても綺麗です。
勝浦タンタンメンも美味しいです。
鉄道撮影以外でまた来たいものです。

HM×成東

昨日11日、K4+54編成は83運用に充当されました。
HMが付いてから初めての土休日運用ということで、
かなり多くの撮影者でにぎわったようです。


私はこの日は早朝から東北の方に出掛けており、
帰宅も遅いので201系の撮影はなしの予定でしたが、
特急を乗りつけば成東で撮影出来ることが判明し、
ちょっと疲れながらも成東へと向かいました。

2011-06-11 072 - コピー

誉田分割はかなり殺伐としていたと聞き、
ここ成東もさぞかしひとだらけ…と思いきや、
いたのは3人、しかも全員知り合いでした。

自分が到着してから発車まで25分ほどありました。
HMが付いてから1回も撮影出来ていなかったので、
重点的にHMを撮影していましたが時間は足らず、
機会があればもう1回挑戦したいところですが…。

2011-06-11 084 - コピー

ヘッドライトの輝きが美しく見えました。

この後大網まで東金線の走りを楽しみました。
自分が体験出来るのもあとわずかと考えると、
ちょっとしみじみとしてしまいました。


大網到着後は帰宅するつもりでしたが、
翌日は特に何も予定がなかったので、
そのまま大網で一晩明かすことにしました。

大網での留置中の模様も近日公開いたします。
プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる