FC2ブログ

あれから

ちょっとタイミングがずれましたが、今から約1年前の4月27日。
1ヶ月半のブランクを置いて、201系H7編成が本線に復帰しました。


2010-04-27 014 - コピー


初日は平日21T運用、豊田から八王子まで回送されたうえ、
八王子始発の東京行きから営業運転の復帰となりました。

当初は3日間だけの復帰と噂されたりもしましたが、
5月に入ってからもE233系貫通編成と共通で運用され、
結局引退直前の10月14日まで活躍し続けました。
この間、1週間を超える長期離脱もなく走り、
我々201系ファンを喜ばせてくれました。

2010-04-29 086 - コピー

復帰3日目は昭和の日に当たり、休日運用となりました。
休日25Tは午後に大月直通が1往復設定されており、
この日は山線内の撮影者で大にぎわいでした。

ちなみにこの土休日25T運用にH7が充当されたのは、
4月27日の復帰から10月14日の引退まででこの日のみでした。


1年前を振り返ると、忙しい中でも201系をひたすら追い掛け、
当ブログも頻繁に更新しており、私もずいぶんと元気がありました。
一方で最近はというと、忙しさに身を任せる毎日を過ごし、
撮影にもほとんど行けない状況が続いてしまっております。

改めて、中央線201系の存在の大きさを実感しました。
スポンサーサイト



201系K2+52編成廃車回送(その2)

新宿で廃回停車中の様子を10分ほど撮影し国分寺へ向かいました。
早く着き過ぎて、行きつけの店で昼食を摂る余裕さえありました。

撮影場所は国分寺~西国分寺のお気に入りのポイントで、
約1年前にH4編成のさよなら運転を撮った場所でもあります。


2011-04-26 109 - コピー

透き通るような青空、バックの新緑。目にも鮮やかです。
合わせて約1年前の写真も掲載しておきましょう。

2010-04-17 004 - コピー

厳密に言うと立ち位置や切り位置が違いますが、
同じポイントであることはお分かりいただけるかと思います。
H4編成のさよなら運転は4月17日のツアーの時のもので、
後ろの木々も新緑にはまだ早いという感じでした。


急いで駅に戻り、八王子へと向かいます。
途中立川で廃回に追いついたと思いきや、
ホームに降りた途端、出発してしまいました。

八王子でもスナップ程度に撮影しておきました。
ここは撮影者が非常に多い印象を受けました。

中間クハの列番が面白い表示をしていました。

2011-04-26 127 - コピー

56G…?

京葉線205系(生え抜き車)が各地へ配給される際、
列番を56Gと表示しているのを何度か見かけました。
一体この表示にはどんな意味があるのでしょうか…。


撮影後は下り電車を乗り継いで相模湖へ。
西八王子・高尾の駅先が割と混雑していたので、
一か八かで相模湖で降りることにしたのですが、
撮影者が全然おらず拍子抜けしました。

2011-04-26 144 - コピー

オレンジの201系もここで何度か撮影したことがあるので、
先述の国分寺と同じく、写真の比較が出来ます。

続行電で大月まで行き、そこからは特急で甲府へ向かいます。
甲府でも長時間の停車時間が設定されていましたので、
じっくりと撮影するにはうってつけでした。

2011-04-26 208 - コピー

定番ですが、駅名標と絡めて…。
平日ということもあってさすがにここまで来ると人は少なく、
自分のペースで落ち着いて撮影出来たのは良かったです。


ここで中間クハのもう1つの演出に気が付きました。

2011-04-26 215 - コピー

最後の旅路であることを実感させられます。
これを前面に貼ってくれればとも思いましたが、
むしろ目立たないこちら側の方で良かったのでしょう。


この後、廃回に先行する電車で下ったのですが、
甲府での安全確認の影響で10分近く遅延してしまい、
あえなく駅撮りすることになってしまいましたので、
写真は省略させていただきます。


今回の廃回を以って、ケヨ区の201系は残り2本になりました。
ですが、K1+51編成が3月以降運用には全く充当されていないので、
実質稼働状態にあるのはK4+54編成の1本のみとなっています。

201系K2+52編成廃車回送(その1)

本日京葉線201系K2+52編成の廃車回送が行われました。
この廃回により、関東圏における運番幕車は消滅しました。

今回も追いかけてきたので、ご紹介したいと思います。


1発目は稲毛海岸にて。

2011-04-26 011 - コピー

85運用にK4+54編成が充当されていたので、
廃回との離合シーンを狙うためにここにしました。

結果は駅から遠いところでの離合となってしまいました。
同一フレーム内に入っただけ良かったとしましょう。


前回と同様に新港信号所での停車がありましたので、
停車中に追い抜いて蘇我へやってきました。

2011-04-26 050 - コピー

今回の廃回の特徴をご紹介しましょう。
まず方向幕ですが、全て機械ごと撤去され、
回送と印刷された紙が貼り付けられました。

また編成札は例のごとく撤去されておりました。
目的は不明ですが、編成札があった部分に
編成番号が記載された紙が貼られていました。


この後、天気が良かったので隅田川へやってきました。
目的はもちろん、東京スカイツリーと絡めるためです。
前々から狙っていましたが、ようやく実行できました。

2011-04-26 073 - コピー

カナリア塗装の時代に何度も通いなれた道を、
今日は最後の花道として踏みしめて行きます。

スカイツリーも最終的な高さである634mまで達しました。
京葉線内でも何度かスカイツリーと201系の絡みを狙いましたが、
やはりお互いが近いところを通ると、迫力も全然違いました。


今回は中央線区間内の時刻が前回より大幅に異なっており、
電車での追いかけがだいぶやりやすくなっていました。
おかげでこの後地元で廃回を撮影することが出来ました。
次の記事では地元でのシーンからご紹介したいと思います。

ホリデー快速あきがわ富士吉田

E233系の行き先LEDはどんな組み合わせも可能です。
今回ご紹介するのも普通は考えられない行き先です。


2010-12-04 001 - コピー

ホリデー快速あきがわ富士吉田


ホリデー快速河口湖ならまだしも、ホリデー快速あきがわとは。
午前中の用事を済ませてムコ区の裏を通った時に発見しました。
カメラを持ち合わせていなかったので急いで自宅に戻り、
機材をさっさと用意して戻ってきた、と記憶しています。


今年の7月1日に、富士吉田駅は富士山駅に改称となります。
ご覧の通り、E233系には富士吉田表示が収録されており、
こちらも富士山表示に対応させると考えるのが妥当です。

ですが、E233系が富士吉田行きに充当されることは基本なく、
そのためにデータを書き換えるのかは若干疑問なところです。
仮にデータが書き換えられ、富士吉田表示が無くなれば、
この写真は非常に貴重なものとなるかもしれません。


改称まであと2カ月ほどとなりました。
E233系の小さな動きに注目です

快速水道橋

当ブログのアクセスキーワードを調べてみますと、
ここ数日は京葉線201系関連のものが多いのですが、
定期的に「E233系 珍表示」といったものがあります。

当ブログにはE233系の珍表示にまつわる記事は少なく、
折角訪問して頂いた方々に申し訳なく思います。
そこで、忙しくて記事が書けないような時を中心に、
E233系の珍表示写真を小出しにしていこうと思います。


この前の土曜日の午後、国分寺へ用事があったので、
ムコ区の裏へちょっとだけ寄り道してみました。
期待通り?、E233系が怪しい表示で留置していました。

2011-04-16 104 - コピー

1234E快速水道橋

今年2月の雪の日、各駅停車水道橋表示を撮影しましたが、
今回は快速、列番は…Eなので武蔵野線でしょうか。

水道橋には一応折り返しの設備が存在しますので、
一応のところ始発・終着列車を設定は可能です。
元旦の終夜臨では水道橋始発が設定されます。
そして水道橋に快速列車が止まるなど、この先あるのか…。
珍表示を見ながらそんなことを思い浮かべるのも一興です。
プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる