FC2ブログ

広告の減少

最近電車に乗って車内を見回すと、
どうも違和感を感じてしまいます。
車内広告がいつもより少ないのです。


正確な事情が不明なので私の憶測になりますが、
東日本大震災の影響で広告を自粛する企業が増え、
そのため普段より広告が少ないのではと考えます。

2011-03-24 016 - コピー

例えば京葉線。
1番手前の扉右側の窓には、広告が貼られていません。
分かりづらいですが、その扉の戸袋部分の窓にも、
同様にして広告が貼られておりません。

他にもE233系列になると、車内に設置されているLCD、
こちらは番組やCMがやや少なくなっているようです。
一時期は天気予報とニュースの繰り返しでしたが、
現在はそれに加えてCMなども流れているようです。


戸袋窓に貼られている広告ステッカーは小さいものですが、
貼り方が規則的なので、欠けると割と目立ってしまいます。
201系の廃回は広告が全て撤去されていた上で行われており、
昔をそれを見る度に「これで終わりなんだ」と思ったものです。
スポンサーサイト



さよなら、ケヨ25編成

本日3月29日、京葉線205系ケヨ34編成が長野へ配給されました。

申し訳ないですが、配給の模様は撮影出来ておりません。
その代わりと言ってはなんですが、同車の過去の写真などを、
簡単にではありますが、ご紹介したいと思います。


ケヨ25編成はクハ205-2をはじめとする車両で構成されています。
車番から分かります通り量産先行車と言われるグループで、
側面の窓が201系に類似した2段昇降式になっているのが特徴です。

2007-01-29 007 - コピー

撮影は転属して日が浅い時の写真です。
転属してきた2005年夏ごろから同年11月頃までは、
当時の201系と同様、白地の前面幕が使用されていました。
ケヨ21編成は黒地の前面幕だったことを考慮すると、
方向幕の検知方式が異なるものと思われます。

2010-07-22 075 - コピー

京葉線の車両全般に言えることなのですが、
塩害?の影響で車体が茶色く汚れることがあります。
1枚目と2枚目とで比較して頂けると分かりやすいと思いますが、
スカートは仕方ないにしろ、前面の汚れは顕著に表れています。
帯の退色はこの編成に関して言えばまだまだ軽い方で、
ケヨ26編成は完全にピンク色になってしまっています。


205系の量産先行車の廃車は今回が初めてです。
他の編成もE233系の導入に伴い運用離脱見込みで、
201系と時期を同じくして京葉線から去るようです。

残る205系量産先行車はあと3本、
50番台運用でまだまだ活躍しています。
記録はお早めにどうぞ…。

東京スナップ

京葉線の分割運用、E233系もすっかり定着しています。
現状80番台運用は3運用、それに対しE233系分割編成は2本、
そして足りない分を201系で補う形でローテーションしています。

京葉線向けE233系の増備もちゃくちゃくと進んでいますが、
次の2本はいずれも貫通編成がやってくるようですので、
しばらくは201系の分割運用も見られそうです。


成勝は東京や誉田でのバルブに注目されがちですが、
視点を変えてスナップに挑戦してみるのも良いかもしれません。

2011-03-08 098 - コピー

東京駅の京葉線ホームはカーブしているところがあり、
そこを上手く活用すれば入線シーンを綺麗に撮影出来ます。
上に掲載している作例は1号車寄りで撮影したものですが、
7・8号車あたりでもほぼ同じアングルで撮影出来ます。

横アングルにして立客と絡めて撮影するのもお勧めです。
また方向幕が東京のままで来る可能性もあります。
そうなると、成勝だということが分かりません…。
運次第ですのでなかなか難しいところです。

2011-03-08 106 - コピー

この時間は整列乗車が行われています。
東京行きの乗客が全員下車した後、乗車出来ます。
写真はちょうど整列乗車が行われているシーンで、
車内には乗客が誰もいない変わった光景です。

2011-03-08 112 - コピー

東京から勝浦まで乗り通す人はどれぐらいいるのでしょうか。
中央線の河口湖直通に比べれば所要時間は短いですが、
通勤電車の中では長距離長時間走行の部類に入ります。

2011-03-08 117 - コピー

どうしても抑えておきたいのは分割部分の撮影です。
駅名標、電光掲示板が割と良い部分にあるので、
じっくり撮影するにはおすすめの場所です。

この日は残念ながら、分割位置に同業者の方がおり、
ずっと方向幕対照表をメモされていましたので、
結局私は満足のゆく撮影が出来ませんでした。。。
向こうが先客だったので仕方ないことです。


あまり皆様の参考にならないような写真の羅列で恐縮です。
私自身もまだまだ東京スナップは消化不良気味なので、
機会があればまたやってみたいと思います。

残り2本のメルヘン

京葉線205系の生え抜き編成も残すところ2本になりました。

以前は京葉線に来ればいくらでも会える形式だったので、
その分写真も多く、今更あれこれ追う必要もない訳ですが、
撮影中に出会うとラッキーな気分になれます。

残り2本というと中央線201系の末期を思い出します。
201系同士の並びを散々狙ったのも懐かしく思えます。
滅多になかったですが、狙わずに撮れた並びの写真、
これの喜びは他に例えようがありません。

今月上旬、同じようなことが京葉線でありました。


新習志野で撮影していた時のことです。
まず、ケヨ10編成が出庫してきました。
新習志野の下り番線から発車する上り列車です。
これの発車までの間に下り列車が1本来るようで、
ホームの端でどの形式が来るか待っていたところ、
ケヨ10編成の窓から白い前面が見えました。
その結果がこの写真です。

2011-03-10 030 - コピー

「全盛期の時に撮影した写真だろ」と言われてしまえば、
何の反論もできず、それまでになってしまいますが…。
撮影した本人だけが分かる喜びと言ったところでしょうか。

南船橋行き

東京電力の計画停電に伴い首都圏鉄道各路線も混乱、
部分運休や運行本数削減を余儀なくされました。

京葉線も例外ではなく、一部時間帯で部分運休が発生しました。
それに伴い、南船橋折り返し列車が多数設定されました。


その日は偶々京葉線沿線へ行く用事がありましたので、
ついでに持って行ったカメラで少々撮影いたしました。

通常ですと、当ブログでは詳細なレポートをお送りしますが、
今回は理由が理由ですので詳しい解説は省略いたします。
写真をご覧になりたい方は「続きを読む」をクリック下さい。

続きを読む

プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる