FC2ブログ

2010年を振り返って(その1)

今日で2010年もおしまいです。

2010年をざっと振り返ってみますと、
東奔西走な毎日を過ごしていたなと思います。

簡単にですが1カ月ずつ振り返ってみましょう。
長くなりますが、お付き合いください。
(写真が多いのでPCからの閲覧を推奨します)


○1月
機材を新調したので、夜間走行にも挑戦するようになり、
自分自身の撮影の幅がどんどん広がっていきました。

201系はH4編成が試運転に5日間も渡って充当されました。

2010-01-31 067 - コピー


○2月
ブログ「八ムコ撮影記録」がスタートしました。
これまで某SNSでこまめに日記をつけていたものを、
発展させるような形でブログに移ってきました。

201系にとっても大きな2月になりました。
八王子支社が2010年2月1日を「201系の日」とし、
201系記念入場券や各種イベントが始まりました。
またH4編成とH7編成にはハートマークが貼られ、
前面をさらににぎやかにしてくれました。

2010-02-07n 077 - コピー

○3月
H4編成とH7編成が3月13日を以って運用を離脱しました。
H7編成は4月に奇跡的な運用復帰を遂げる訳ですが、
残念ながらH4編成は通常運用に戻りませんでした。
離脱後はトタ区内で2本並べて留置されました。

2010-03-21 045 - コピー

○4月
H4編成のさよなら運転がスタートしました。
6連に編成組み換えされ、ヘッドマークも付けられ、
この月は河口湖・武蔵五日市・奥多摩へ向かいました。
そして下旬にはH7編成が運用復帰となりました。
2010-04-11 231 - コピー

○5月
当初は短期的だと思われていたH7編成の運用復帰、
嬉しいことに5月も継続的に運用に充当されました。
H4編成のさよなら運転も笹子や高麗川へ走りました。

2010-05-05 172 - コピー

○6月
H4編成のさよなら運転もついにラスト。
4月と同様に河口湖へと走った翌週には、
住み慣れた中央線から去って行きました。
トタ区に残るはH7編成とクハ201-1のみに…。

2010-06-20 152 - コピー

○7月
H7編成のさよなら運転もスタートしましたが、
それ以外の期間は通常運用に充当されました。
この月は甲府へのさよなら運転がありました。

2010-07-25 144 - コピー

○8月
4年ぶりにトタ区の公開が実施されました。
サプライズゲストに京葉線の51編成がやってきて、
オレンジとスカイブルーの並びが実現しました。

2010-08-22 225 - コピー

○9月
H7編成は依然として通常運用に充当されましたが、
下旬にはさよなら運転の中でスイッチバックを行いました。
この頃には、201系の引退がもう目前に迫っていました。

2010-09-26 093 - コピー

○10月
14日に15Tを以って通常運用への充当が完全終了、
17日は豊田→松本をラストランとして走行、
その後長野へ回送され、中央線201系は完全撤退しました。

2010-10-17 208 - コピー

○11月
国立駅上り線が高架化されました。
中央線の高架化工事は一段落しました。
これを記念してT5編成とT29編成にHMが付けられ、
久々に中央線に華を添えました。

2010-11-26 061 - コピー

○12月
ダイヤ改正が実施され中央線の運行形態にも変化が出ました。
T5編成とT29編成のHMは1ヶ月超に渡る掲出期間が終了しました。

2010-12-08 049 - コピー

~~~

言葉にしてしまうとあっという間ですが、
それぞれの月には数えきれない思い出があり、
とても充実した日々を過ごすことができました。

当ブログも設立から10ヶ月が経過しました。
当初は訪問者が数人という小さなブログでしたが、
月が経つ毎に色んな方に訪れて頂くようになり、
4ヶ月足らずで1万アクセスを突破しました。
これも日頃からご覧頂いている皆様のお陰、
この場を借りて感謝御礼申し上げます。

ブログを通して色んな人と出会い、
また自分自身を振り返ることもできました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2010.12.31 八ムコ
スポンサーサイト



京葉線201系K1+51編成、運用復帰

方向幕指令機故障のため運用を離脱していた、
京葉線201系のK1+51編成が28日、運用復帰しました。

これまでも疎開先の旧習志野電車区から京葉区に戻った際、
一時的に運用復帰したこともありましたので、
初の出来ごと、という訳ではありません。


28日の57運用から始まり、その日は東京留置で終了。
昨日29日は流れをくんで59運用に充当されました。

本日は残念ながら運用に就いていませんでしたが、
昨日の59運用の模様を撮影してきましたので、
簡単にですがご紹介したいと思います。

2010-12-29 033 - コピー

撮影初っ端から並びですが。。。
12月上旬の改正で京葉線の外房線直通が日中に設定され、
毎時1本快速列車が上総一ノ宮まで直通しています。
右側の205系がその外房線からの上り列車です。

51編成の京葉線幕と京葉線120周年記念HM編成の並び、
K1+51編成は旧習志野電車区に長期疎開していたので、
実現回数はかなり少ないものと思われます。


この後は83運用や85運用を追いかけ、
再度59運用の時間に合わせてまた蘇我へ。
午後からだと走行撮影には時間の限度があり、
やむを得ずバルブ撮影になってしまいました。

2010-12-29 124 - コピー

今度は113系と並びました。
ダイヤ改正で10連運用への113系の充当がほぼ消滅しました。
ですが、8連運用には依然として充当されており、
まだこうして201系と113系の並びは見ることができます。

よく見ると113系の先頭車は1600番台です。
このグループも残存車両はかなり少なく、
こちらも貴重な並びであると言えます。


2010-12-29 136 - コピー

運転士が乗務員室に乗り込んでもヘッドライトは点かず、
結局発車数秒前に点き、こんな写真しか撮れませんでした。
この日お会いした方にいくつかお話を伺ったのですが、
こういうのは京葉線や外房線ではよくある話だそうです。


今回K1+51編成が運用復帰した理由についてですが、
205系ケヨ22編成が運用を離脱したためと言われています。
なので、次にE233系が京葉区に配給されるまでは、
また断続的に運用へ充当される可能性もあります。

自分自身もほとんど蘇我でしか撮影出来なかったので、
何か所かでリベンジしておきたいと思います。

201×203

201系の兄弟車、と言ったら、間違いなく203系でしょう。

201系は中央線快速電車や中央総武緩行線、東海道緩行線に導入され、
その後、京葉線や青梅線、大阪環状線や大和路線でも活躍しました。
一方で、203系は生涯常磐緩行線と千代田線のみで活躍しました。

103系1000番台を置き換え、長いこと孤高に活躍してきた203系でしたが、
いよいよE233系2000番台による置き換えが始まってしまいました。
201系と比較して割と安泰だった203系の人生にも、
ついに世代交代の波が押し寄せてきたのです。


201系と203系、そんな兄弟車の2形式ですが、
実際に顔を合わしたことは何度あるのでしょうか?

トタ区・ムコ区・ミツ区・カノ区・ケヨ区の201系はいずれも、
大井工場(現・東京総合車両センター)が検査を担当していました。
そして、松戸区の203系も先述の工場で検査を受けていました。
なので、201系と203系の入場日程が被っていたとしたら、
工場内で兄弟車の顔合わせがあったことでしょう。

ですが、走行路線が被らないということから、
本線上で顔を合わすことはまず無かったと思われます。


本日12月27日、203系マト56編成が長野へ配給輸送されました。
廃車のための輸送で、203系では3本目の廃車となる模様です。
輸送経路は松戸→南流山→新秋津→八王子→松本→長野でした。

見てお分かりの通り、中央線と経由して運転されています。
かつて201系が走っていた路線を弟分が走った訳ですが、
兄である201系は既に引退してしまい、もういません。

しかし、この輸送経路沿いに、1両だけ201系が存在します。
勘の良い方はお分かりだと思いますが、クハ201-1です。

トタ区の本線寄りに留置されている同車は、
横を通る車両と絡めて撮影することができます。
そこで、203系と合わせて撮影することにしました。

2007-12-30 _00 - コピー
(参考:今回長野へ配給輸送されたマト56の現役時代の1コマ)


撮影場所は、H4ラストラン直前に何度も行った、
トタ区を見下ろすことができる、いつもの階段です。
撮影の都合上、機関車を先頭とした姿は撮れません。


中央線内は207系900番台の廃車配給と同じ時刻なので、
30分ぐらい前に着くように豊田へと向かいました。

久しぶりにじっくり見たクハ201-1、
見る度に色あせているのは気のせいでしょうか?

通過予定時刻が迫り、ファインダーを覗いて待機。
すると左の方からEF64のブロア音が聞こえてきます。
目の前に現れたEF64、そして後ろに続く203系。
かすかに203系のモーター音が響いてきます。

そして、先頭の位置を見計らって、シャッターを切ります。


2010-12-27 053 - コピー

決まりました!!

203系が通過して数秒後、上りのE233系が目の前を通過。
あと少しタイミングが遅かったら、被られていました。。。
いやはや、運が良かったです。


ついでにこの日午前中にトタ区に入庫したT5編成を探しましたが、
いくら探しても見つからず、はていったいどこへ行ったことか。
よくよく探すと見つかりました。HMを外した状態で…。

1か月ちょっと装着して運行されましたが、
残念ながらその状態で年をまたぐことは出来ませんでした。
新津製ということでLEDが写りやすいタイプだったので、
日中の走行シーンは本当に気が楽だったのですが…。
恐らくT29編成も近日中に外されるでしょう…。

201系と武蔵野線209系

12月4日のダイヤ改正より、武蔵野線209系500番台の運用が開始しました。
12月24日現在M71編成とM73編成の2本が205系と共に活躍しています。
運用は205系と共通で、むさしの号やしもうさ号にも充当されます。

この209系500番台と201系の並びをどうしても撮っておきたいのです。
M73編成が乗務員訓練で豊田車両センターに貸出された際、
H7編成と肩を並べて留置された、ということがあったのですが、
生憎都合が合わず、そのシーンを撮影することは出来ませんでした。


京葉線201系の通勤快速成東・勝浦行きが東京3番線に到着して2~3分間、
隣の2番線には武蔵野線の快速府中本町行きが停車しています。
その運用に209系500番台が充当されている、という情報を入手。
たまたま用事があって中野へ出掛けていたこともあったので、
そのついでに撮影することにしました。


東京地下京葉線ホームにつくと85運用のK2+52編成が停車中でした。
その後E233系のHM編成が501編成、502編成の順にやってきて、
201系が到着するまでの時間、全く飽きることがありませんでした。

201系より一足先に、2番線に209系500番台M71編成が到着。
これで隣に京葉線の209系500番台がいたら面白かったのですが…。
「快速府中本町」と「武蔵野線内各駅停車」の交互表示、
武蔵野線では初となるこの機能、新鮮に感じられました。

18時4分、3番線にK3+53編成が到着しました。

2010-12-24 109 - コピー

2両分ズレてはいますが、ちゃんと201系の隣に209系500番台がいます。
反対側(車止め側)だと2本の前面は綺麗に揃っているのですが、
ホームのスペースの関係で撮影するのが難しいのです。
もしまたチャンスがあれば、向こうでも撮影してみたいですね。

先に武蔵野線が発車、ここで201系と顔を並べます。

2010-12-24 114 - コピー

209系500番台の方がちょっとブレてしまっています。。。
地下で灯りも不十分なので、こればかりは仕方ありません。


武蔵野線と京葉線の車両がうまく顔を合わせる…
高架区間が多く駅間での撮影がほぼ出来ないため、
新浦安・市川塩浜・新習志野・海浜幕張、
の各駅でないと非常に難しそうです。
ただ京葉線201系の運用がほぼ固定なので、
あとは武蔵野線側の運用次第になります。

次は地上区間の並びにチャレンジしたいですね。

通快大月

通勤快速、201系でも散々撮影してきた種別です。


東京16時50分を筆頭に22時台まで毎時2~4本設定されています。
この東京発1本目である通快高尾行きは長らくH運用で、
E233系導入後しばらくは「201系が高確率で充当される通快」
として、撮影の時(特に夏場の走行)は随分と重宝してきました。
しかし、H運用への充当がなくなって2本体制になってしまって以来、
この1本目のH運用の通快はそれまでとは逆に厄介に思えました。


その16時50分発の通快、今回の改正でT運用になりました。
「201系がいる頃にT運用になっていたらなぁ」と、
私含め周囲の色んな人が口をそろえてそう言います。

更に、これまで高尾行きだったのが大月行きになりました。
通快大月(河口湖含む)は早くても18時台だったので、
201系全盛期でさえ、走行撮影は難しい場合もありました。
やはりこれも「201系がいる頃に…」と思いました。


この相当違和感のある1本目の通快にT5編成が充当、
ということで、撮影してきました。

この時期はさすがに走行撮影は難しいので、
安直ですが四ッ谷でバルブしておきました。

2010-12-21 104 - コピー

201系が通快大月に充当されれば、
四ッ谷や中野は撮影者でいっぱい…。
そんな時代が遠い昔のことのようです。
E233系HM付が通快大月に充当されても、
撮影者は拍子抜けするぐらい少ない…。


E233系を追いかける人は多くないようです。
プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる