FC2ブログ

夜の山登り

通快大月。

ここ1年、自分が忙しい時に限って充当され、
その度に悔しい思いをしてきました。
それ以前の記録はあることにはあるのですが、
仕上がりに納得がいかないのでリベンジを…。

ようやくその機会がやってきました。

2010-04-28 184 - コピー

中野でバルブもしてみたかったのですが、
混雑するのは目に見えていたので断念。
何度も通快を撮影している国分寺にしました。
ここの縦アングルは非常にお気に入りです。

結露で運番と幕があまりはっきり見えません…。
これは縦アンで走行を撮影して正解だったかも。

相模湖へ記念入場券を買いに行く用もあったので、
折角なのでこの列車に乗車してみました。

ドアに荷物を挟んだため5分ほど遅延して運行。
なので比較的いい走りを堪能できました。

立川で青梅行きの接続を取り、
高尾でもライナーの接続を取ったので、
遅延はなかなか回復しませんでした。

相模湖で入場券を購入し、
そのまま相模湖で201系を待ちました。

2010-04-28 226 - コピー

メインはもっと手前まで引き付けるつもりでした。
このコマは撮影テストのつもりだったのですが、
後で見たら意外と好きな仕上がりになりました。

前面が暗いですが、種別幕で201系らしさが分かり、
架線とレールが照らされ、ホームには人もいて…。

そのまま乗車して帰宅しました。

スポンサーサイト



ムコ区日記(2010.04.28)

新ネタとしては約1ヶ月半ぶりのムコ区日記です。

23Tで入庫したH7は13番線に入りました。

2010-04-28 066 - コピー

つつじが満開でした。綺麗な色をしています。
ムコ区横を毎日のように通るものですから、
四季の移り変わりが手に取ったように分かります。

2010-04-28 076 - コピー

出区準備の様子の一こま。
パンタが上がる瞬間を撮影出来ました。

201系の今回の運用復帰で1番嬉しかったのは、
我が地元のムコ区にやってきてくれたことでした。
ムコ区での撮影はいくらやっても飽きることがありません。
それは、201系とムコ区が大好きだからです。

H7 営業運転復帰

今年3月のダイヤ改正以降、運用を離脱していた201系。
本日約1ヶ月半ぶりにH7が本線へ復帰しました。

E233系の不足に伴うものなので、あくまで一時的です。
そういうなの訳で「定期運用復帰」とは書いておりません。
定期がどのぐらいの期間を指すのか微妙なので…。

H7久々の運転は21Tでした。
まずはトタ区出庫シーンから。
やはり定番のアングルで確実に押さえました。

オレンジ色の車体が見えた時の安堵感、
随分と久しぶりのことに胸も高鳴りました。

2010-04-27 007 - コピー

ここは何度やっても水平が上手く撮れません。
撮影時の体勢もなかなか大変なので…。

撮影後は急いでトタSへ。
ここは既に情報を聞きつけたファンが詰めかけており、
自分もその合間を縫うようにして撮影場所を確保しました。

しばらくすると、聞きなれた201系の音が…。

2010-04-27 014 - コピー

10両で走る201系を見るのも久々でした。
さよなら運転や分割の4両6両も悪くは無いのですが、
やっぱり堂々の10連で走るに越したことはありません。

上りは平山第三踏切で撮影しましたが、
これは撮影地の選択ミスでした…。

2010-04-27 031 - コピー

そのままトタSにいた方が良かったと、
撮影してから後悔してしまいました。

H7の営業運転復帰期間はそう長くないので、
出来る限りのことはやろうと思っております。
今朝は時間の都合上、過去撮影した場所になってしまいましたが、
これからは新しいポイント・アングルの開拓をメインにし、
今までの補完的な意味合いで進めていこうと思います。

さよなら201系H4編成 奥多摩編その2

奥多摩での停車は約1時間、十分に撮影できるだろう。
そう思っていたのですが、想像以上の混雑ぶりでした。

個人的には、四季彩の奥多摩ツアーのことを思い出しまして、
18日なんかは撮影者が全然おらず、まったりしていたのですが…。
空いた時を狙って撮影しました。

2010-04-25 060 - コピー

奥多摩2番線と言えば、このカーブを生かした編成写真。
この日は天気が良かったために前面が陰ってしまいました。

前面写真の撮影はそこそこに、大半は車内で過ごしました。
中にはこんな光景も…。

2010-04-25 029 - コピー

河口湖ツアーの時に見覚えのある作品群が…。
方向幕も今回のために新調されています。
左下のサボは急行アルプスをイメージしたとか。

奥多摩を定時に発車し、三鷹へと帰ります。
「奥多摩に来た」という実感もないままの帰路です。

御嶽で10分ちょっとの停車時間がありましたが、
面撮りになってしまうのでここでの撮影も少しのみ。

あっという間に三鷹へ到着。
4番線にいた撮影者が思いのほか少なく、
以前から狙っていたこんなアングルで撮影出来ました。

2010-04-25 094 - コピー

この後の豊田までの回送は国分寺付近で撮影、
しかし太陽の位置の見当がはずれ、残念な写真に…

~~~

河口湖に比べれば乗車時間も撮影も少なかったですが、
201系に乗れる、それだけで十分であります。
中学生になってすぐ、遠足で奥多摩へ行きました。
往復ともに201系、今では贅沢な話です。
今回の乗車はそんなあのころを回想させました。

さよなら201系H4編成 奥多摩編その1

さよなら運転3回目は青梅線奥多摩への運転でした。
今回は当選したので乗車記をお送りいたします。
2回に分けてお伝えします。

送り込みはまた早実ストレートで。
芸がない、とか言われかねないのですが、
背景の移り変わりを記録したかったので…。

2010-04-25 006 - コピー

特快で追い抜いて三鷹に先行出来ましたが、
良席確保のため早めに乗車列に並びました。

河口湖ツアーと異なって途中駅停車は殆どなく、
あったとしても運転停車のためドアが開かず、
ようやく降りて前面写真を撮れたのは御嶽でした。

2010-04-25 035 - コピー

こんな写真をUPするのもなんだかシャクですが、
無いよりはマシだと思いましたので。

運番表示が41、廃回を連想させます。
前面窓中央付近にはももずきんも見えます。
お勤め?でしょうか。

往路の撮影はたったこれだけ。
乗車は2時間ありましたが、何か物足りませんでした。

次回、奥多摩停車シーンよりお送りいたします。
プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる