FC2ブログ

中野電車区のゲスト

今回は23日の中野電車区公開の写真をご紹介します。
E233系は別記事で大量にご紹介したいと思いますので、
それ以外の車両をピックアップしてまいります。


○485系K40編成
勝田からはるばるやってきた485系、選定理由は不明ですが…。

2012-11-23 394 - コピー

なんと「あずさ」のヘッドマーク!意外と似合ってるかも…?
内側から特製の紙を貼り付けてるようです。

ちなみに反対側への装飾はなく、適宜幕回しが行われてた模様です。


○183系マリ32編成
団体ではおなじみの同編成、こちらにも装飾が行われていました。

2012-11-23 022 - コピー

あずさ色の「かいじ」、この組み合わせは何年ぶりでしょうか…。
この塗装では馴染み深かった塗装だけに、ただただ感無量でした。

こちらも485系同様、内側から紙を貼り付けていました。
前々回の記事でもご紹介しましたが、新宿側の先頭車は「あずさ」でした。
中野電車区の職員さんの粋な計らいに頭が自然と下がります。


○クモヤ143-9
東京総合車両センターに在籍する、今では数少なくなったクモヤ143です。

2012-11-23 042 - コピー

方向幕には「中野」を貼り付け、また側面には歓迎の紙も貼り付けられました。
時間帯によっては側面の扉を開けて車内を公開していたようなのですが、
E233系の撮影に夢中になっていたら、とっくに終了していました。。。


E259系単体の写真は撮影を忘れてしまいました(汗
正式な展示ではなかったのですが、E231系も撮影することができました。
B30編成がこっそり「豊田」表示していましたが、気付く人は極僅か…。


次回の記事では豊田車両センターの様子をご紹介したいと思います。
それ以降は、ひたすら中野電車区のE233系の写真を列挙していきます。
定期的な更新が出来そうですので、またお越しください。。。
スポンサーサイト



23日&24日

しばらく定期的に更新が出来そうです。


というのも、昨日の中野電車区公開と本日の豊田車セ公開に行ってきたので、
その写真を掲載するという形でしばらく記事にしていきたいなと思っております。

豊田車セは午前中の短時間だったので写真の量はあまりないですが、
中野電車区はE233系のLEDネタがこれでもかというほどあったので、
折角ですから皆さんにご覧いただきたいなと思っております。


今日は予告ということで、2枚だけ掲載しておきます。

☆23日 中野電車区
2012-11-23 070 - コピー


☆24日 豊田車両センター
2012-11-24 134 - コピー


次回の記事では豊田車両センターの“重鎮”を取り上げたいと思います。

中央線紀行号

10月14日、松本~辰野~富士見で中央線紀行号が運転されました。

前々日になって指定席券を確保することが出来たので、
突発でしたが日帰りで旅行してくることにしました。


カノ初電からスタートし、高尾・大月・甲府・岡谷で乗り換えながら松本へ。
松本では時間がたっぷりあったので、足を延ばし松本城へ行ってみました。

2012-10-14 550

気持ち良い秋晴れと松本城の取り合わせは素晴らしいの一言に尽きました。
のんびり過ごしてたらあっという間に列車の入線時間が近づいたので撤退。
今度は松本や大町あたりで一泊してもっとじっくり見たいところです。

駅に着くとすでに多くの鉄道ファンで賑わっていました。
私も合間から入線シーンを撮影しましたが、微妙な結果に…。

2012-10-14 577

久しぶりの旧客、いつ乗っても格別な雰囲気です。
進行方向側・窓側の席は確保できませんでしたが、
旧客の走りと緑豊かな辰野支線の車窓を満喫できました。

途中、辰野では余裕ある停車時間での撮影タイム、
岡谷では地元の方々による演舞も行われました。
乗るだけに終わらないのが良い点ですね。

温泉に入りたかったので上諏訪で下車し、
ついでながら出発シーンを撮影しておきました。

2012-10-14 625

このころになると朝の快晴が忘れられるぐらいの曇空に…。
乗りがメインだったので撮影はこの程度で十分です。

このあとは、温泉に入ったり諏訪大社を訪問して過ごし、
甲府へ移動しそこで甲府名物である鳥もつ煮を購入、
かいじの車内でそれをつまみに一杯やって帰宅しました。


突発な日帰り旅行だった割には大変充実したものになりました。
さて、次の旅行はいつ行けることになるやら…。

線路切り換え

今週末5月19日から翌20日にかけて、
武蔵小金井4番線設置工事が行われます。

これまで3番線が上り本線でしたが、工事で4番線に変わります。

この前の土日は天気が良かったので、撮り納めをしてきました。

2012-05-13 035 - コピー

車両の側面を照らす夕陽…。
写真をご覧いただければお分かり頂けるかと思いますが、
車両右側が切り換え後の線路(ダブルクロスポイント)です。
切り換え後、3番線に入る列車は副本線ということになるので、
このような綺麗な編成を撮れるのももうすぐ終了です。

2012-05-13 062 - コピー

広角で遊び半分に撮影してみました。
この日は本当に夕陽がきれいでした。


武蔵小金井のコンコースに工事前後の時刻表が貼られています。
工事後の時刻を見ると、3番線発車の始発電車はありませんでした。
始発電車は国分寺からの回送以外、2番線からの発車に変わりはないようで、
3番線は工事後も何らかの事情で使用しない(できない)のかもしれません。


今週末の切り換え工事の模様をお送りしたいところでしたが、
残念ながら当日は撮影することが出来なさそうです。。。
リンク先の方々がじっくり撮ってくださると思いますので、
是非そちらをご覧いただければと思います。

快速EL&SLみなかみ号 その1

ご無沙汰しております。


201系が関東から無くなってからというもの、
執筆するネタがなく、ブログを放置していましたが、
久々に執筆したいと思います。

タイトルからお分かり頂けると思いますが、
7月9・10日に運転された『快速EL&SLみなかみ号』
について取り上げます。


この列車は、甲府から武蔵野線を経由して水上まで行く、
かつ乗車時間約6時間という、なかなかの面白さです。
高崎~水上間は先月復活したC61 20号機が牽引でした。

この列車の水上行きの指定席が運よく手に入ったので、
今回は簡単な乗車レポートをお送りいたします。


甲府の発車は朝6時ちょうど。
地元からですと始発でも間に合いません。
前日に用事があったので甲府で前泊などはせず、
始発で間に合う大月から乗車することにしました。

2011-07-10 009 - コピー

朝陽を浴びながら大月駅へと進入します。

さすがに空席もあり、自分のボックスももう1人だけでした。
久々の中央本線×客車列車を満喫することにします。
最後は2008年6月に運転された団臨『アルプス』なので、
かれこれ3年ぶりになります。早いものです。

201系やE233系で何度も通った路線ではありますが、
客車列車ともなるとまた新鮮な雰囲気になります。

2011-07-10 026 - コピー

立川で中央特快の待避がありましたので、
ちょこっとだけホームに出て撮影しました。
電光掲示板の表示が独特なものでした。


定刻よりちょっと遅れて立川を出発しました。
国立からは短絡線を通過する訳ですが、
客車列車ですと非常に貴重な体験になります。

むさしの号と同様、短絡線内はゆっくり進み、
武蔵野線内に入ると速度を上げて行きます。
気づくと新小平はあっという間に通過していました。


武蔵野線内での客車列車も久々になります。
かつては大船発の夜行やJTなどがありましたが、
いずれも団体で、快速列車としてはかなり久々です。

やはり、一般販売される列車として、
中央線や武蔵野線を経由する客車列車は貴重なので、
水上行きに関しては大宮まで利用する人も多かったです。
プロフィール

八ムコ

Author:八ムコ
201系を追いかける日々、
自分らしく記録していく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる